So-net無料ブログ作成
ニュース ブログトップ

小保方さん会見 STAP細胞について「再現できた人がいる」 [ニュース]

STAP細胞の論文のデータに「改ざん」や「捏造(ねつぞう)」があったと認定された、理化学研究所の小保方 晴子研究リーダーが会見を開き、「STAP細胞は真実で、悪意を持って研究したのではない」と反論した。






その一方で、これまで再現できないと指摘されていたSTAP細胞について、「再現できた人がいる」と明らかにしました。




それに踏まえて





小保方さんは会見で「責任を重く受け止め、深く反省しています。誠に申し訳ありませんでした」と述べた。







小保方さんは、STAP細胞の論文のデータに、悪意のある「改ざん」や「捏造」があったと、調査委員会から認定されたが、およそ70日ぶりに公の場に姿を現し、「悪意はなかった」と反論した。






そして、STAP細胞の存在自体について「真実だ」としっかりした目で断言しました。







小保方さんは「STAP現象は何度も確認されている真実です」、「わたし自身、STAP細胞は、200回以上、作製に成功しています」と真実であることを証明するように言いました。








さらに小保方さんは9日、実際に再現に成功した研究者がほかにもいたことを明らかにした。








記者に名前を聞かれても、その場では個人情報とのことで名前を出しませんでした。






論文の撤回について問われると、言葉を詰まらせながら「同意できない」と話した。







というように当然ながら質問攻めされる記者会見でした。
最後のほうは小保方さんは目に涙を・・・

sk_obokata01_01.jpg


それでは。
タグ:小保方晴子
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

相鉄ストライキ 何が起こっていたのか!? [ニュース]

首都圏の各公共交通機関で20日、賃上げを求める運転士らのストライキがあり、始発から鉄道やバスの運休が相次ぎました。





東京都中野区の関東バスでは10年ぶりとなる24時間ストに突入






横浜市の相模鉄道、相鉄バスでも早朝の通勤客らに影響が出たため、雨が降る中、足止めをくった利用客からは不満の声が上がったということです。





関東バス労働組合(組合員844人)は、春闘の労使交渉で賃上げを求めたが会社側と妥結できず、午前5時20分の始発から24時間ストに入った。





ストライキが続けば都内の中野区や杉並区、武蔵野市を中心に9273本が運休となり、15万人に影響が出る見通し。





なんと24時間ストは2004年3月以来という。






相鉄ホールディングス、相模鉄道、相鉄バスの3社の労働組合(組合員1806人)は20日始発からのストを予想外に早く終わり、午前6時半に解除。





電車とバスは午前7時から運行を開始したが、約6万人が影響を受けた。






会社側によると、労働協約の改定と賃金をめぐる交渉が続いていたが、始発までに妥結せず、ストを回避できなかったとのことです。






ちなみに相鉄と小田急が乗り入れる大和駅では、自動改札機や券売機、モニターなど構内のあちこちに「スト決行」と書いた紙が張られ、隣には「小田急は平常通り運行しています」との掲示があった。




ちなみに張り紙はこのようなものでした↓

BjFsAraCYAEq4DX.jpg




午前6時前から窓口や改札に人だかりができ、振り替え輸送ができないと分かると「自分でいけというのか」「料金返せ」「放送ぐらいしろ」などと怒号が飛んでいて騒然としていました。




今回のストライキは賃上げを求める電車の運転手が起こしたものであり、通勤通学の人に時間通りに学校会社に間に合わないなど多大な迷惑をかけてしまったものとなってしまいました。





それでは。
タグ:ストライキ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

男児死亡事件で注目「ベビーシッター」紹介サイトは比較的安価で母親たちは利用する [ニュース]

埼玉県のマンションの一室でベビーシッターに預けられていた2歳の男児が遺体で見つかった事件で、神奈川県警は2014年3月18日、ベビーシッターの物袋勇治容疑者26歳を死体遺棄の疑いで逮捕した。






事件の真相解明が待たれる中、男児の母親も利用していたベビーシッターの紹介・マッチングサイトが注目を集めています!





「見ず知らずの人に預けるなんて怖くてできない!」という批判も多いですが、一定のリスクがあっても頼まざるを得ない母親たちの苦しい現状があるために利用する人がいるのです。






そのベビーシッターは1時間1000円前後で利用可能なのです。





ベビーシッターのニーズは日々高まっているのです。






なぜニーズが高まっているかというと





近年の待機児童の問題があるからベビーシッターに預けたいという人が多いのです。







公益社団法人「全国保育サービス協会」の資格認定試験はあるが、国家資格が必要な保育士と違ってベビーシッターは特別な免許や資格が必要ない。





また、児童福祉法では5人以下を預かる場合は届け出も不要とされていて、企業による派遣型サービスのほかに、個人のシッター業者も数多く存在する。





その個人シッターと利用者をつなぐのがインターネット上のマッチングサイト。






今回、男児の母親が利用した「シッターズネット」は登録シッター約5000人、利用者約1万人の無料マッチングサイトだった。





どんなサービス内容かというと




訪問保育が基本だが、幼稚園や保育園の送迎、産後の補助、夜間の宿泊など幅広くやっています。






利用時はサイト内の掲示板に場所や日時を書き込んでシッターを募るか、条件に合う登録シッターを検索してメッセージを送って交渉を進める。






紹介料を取るところもときにはあるが、登録シッターと直接やりとりするために比較的低価格なところが多い。






あるサイトでは「派遣型サービスの平均料金が2000円前後に対し、1000円前後が相場」(1時間当たり)と説明している。




ベビーシッターは料金面だけでなく、急な依頼や夜の依頼に対応してもらいやすい点も重宝されていて利用する人が増えているのである。





それでは。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

佐村河内さんの代わりに曲を書き続けていた新垣隆の目はどうして焦点が合っていないのか!? [ニュース]

佐村河内さんの代わりに曲を書き続けていたことが発覚した新垣隆さん。





ではこのように代わりに曲を書いていてもなかなかばれないとされていることがなぜ公に広まってしまったのか!?





実はゴーストライターを務めた人物とトラブルがあったと推測されています。






その人物とはもちろん新垣隆さんのことであります!





ソチ五輪で高橋大輔選手が選んだソナチネという曲が使用されるとなれば、その著作権使用料は莫大なものになるといいます。






その莫大な著作権使用料がもらえるのに新垣隆さんには満足する報酬を与えずに佐村河内さんが多くの金額をもらったのでしょう。






今までの利益配分率では納得できなくなった新垣隆さんと佐村河内さんの間で金銭トラブルが起きたようです!






利益分配の交渉は決裂し、ゴーストライター側は事実を告発するため『週間文春』のインタビューに応じており、週刊文集に記載された記事が世に出る前に佐村河内さんが自分でカミングアウトしたことにより公に広まったのです。






このようなゴーストライターの存在で一躍名前が広まった新垣隆さん。






その報道を見ていて気になったのが新垣隆さんの目の焦点が合っていないのです。


m20140206058_2014020605802.jpg



わざとそうやっていたのかと思うひとも中にはいるかもしれませんがシリアスな場でそんなことはできないと思うのでふざけてやってはいないと考えることができます(笑)






ではなぜ目の焦点が合っていなかったのか!?






僕が思うに傾斜なのかと思いました。







その傾斜というのはどのようなものかというと両目の視点があっていなく別々の方向をむいていることです。






なので新垣隆さんも傾斜なのかと予想ができます!






ちなみにこの傾斜は有名人だとテリー伊藤がなっていて、生まれつきだったり後天的になるものとされています。




それでは。

タグ:佐村河内
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

梅田駅の前で鍋パしてる人達が警察沙汰 [ニュース]

大阪,梅田駅の前で「ニートの日」とプラカードを掲げ鍋パしてる人達が警察沙汰になりました!笑






2月10日をニートの日と称して外で鍋パすることが働いていないニートの象徴になるのかと思ってやってるのでしょうかね?笑





僕はなかなか面白い発想だと思いました。





ただ、外で鍋する発想はいいなと思いましたけど、いくら鍋食べてるからといって真冬のよるのなんで寒いだろうと思いますけどね!



BgHO7tfCUAA9bkU.jpg





そしてプラカードになんて書いてあったかというと・・・





「にいとの日」




もうニートの日を強調しすぎてクリスマスかよ!って思ってしまいます(笑)




まあこんなふざけたことやってる人がいる日本は平和ですね^^




それでは。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

「iPS細胞」のように細胞に変化できる新たな万能細胞「STAP細胞」を作製! [ニュース]

兵庫県神戸市の理化学研究所が29日、「iPS細胞」のように、さまざまな細胞に変化できる新たな万能細胞「STAP細胞」を作製することに成功したと発表したことに対し、各界から注目が集まっている。


2014012900007_2.jpg


理化学研究所の小保方 晴子研究ユニットリーダーのグループは、マウスの体細胞を、弱酸性の溶液におよそ30分漬けて刺激したあと、2~3日培養するだけの簡単な方法で、新たな万能細胞「STAP細胞」を作ることに成功した。





「STAP細胞」とは、受精卵に近い状態まで逆戻りすることでさまざまな細胞に変化でき、いったん体の組織になった細胞が自発的に逆戻りすることはないということで、生物界の常識を覆しました。





「STAP細胞」は、ノーベル賞を受賞した、京都大学の山中伸弥教授が作製した「iPS細胞」より、短期間で効率的に作ることができるということでとても生産的になりそうです!





今後、人間の細胞からも、万能細胞が作られることを期待できますね^^




それでは。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

アクリフーズ冷凍食品農薬混入で阿部利樹容疑者(49)を逮捕! [ニュース]

PIZZAの冷凍食品で有名なアクリフーズの契約社員の男が偽計業務妨害容疑で逮捕されました。

akurifoods.jpg


どのような事件かというと、




アクリフーズ群馬工場製の冷凍食品から農薬マラチオンが検出された事件で、工場内での製造過程で同容疑者が農薬を混入させたとみられています。




ちなみに農薬マラチオンというのは、有機リン系の農薬のことです。





ダニやアブラムシなど広範囲の虫に効果がある殺虫剤として、コメやトウモロコシなどに使われていて、ホームセンターや園芸店で一般に売られているものです。





逮捕容疑は、昨年10月3~7日ごろ、4回にわたり、工場で製造された冷凍食品に農薬を混入し、工場の操業停止を余儀なくさせるなど、業務を妨害した疑いがあります。





群馬県警によると、阿部容疑者は2005年11月からアクリフーズ群馬工場に勤務。






農薬混入は昨年12月29日、マルハニチロなどが発表し表面化。




検出濃度が最も高かった製品からは、国の残留農薬基準値の260万倍に当たる2万6000ppmのマラチオンが検出されていましたので、このように濃度が高い製品は商品にならないので廃棄になってしまいます。





そこで群馬県警は25日、偽計業務妨害容疑で、契約社員の阿部利樹容疑者(49)を逮捕ました。



その阿部容疑者は「覚えていない」と容疑を否認しているというのです。




ここまでしといて覚えてないと頑固な姿勢を取るのは逆にすごいですね・・・笑




それでは!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
ニュース ブログトップ